2008年06月30日

知っていました

皆さん知っていました

私もブログに記事を書いたからには

少し調べてみました。

なんと今の日本の食糧自給率は39%何だそうです。

穀物自給率に関しては29%だそうです。

こんな事で良いのですかね。

もともと日本人は、農耕民族だと思います。

汗して働いて労働の楽しさなど味わいながら生活していく

それでいて自然を相手にしているのでゆったりとした時間が

過ぎていく。日本のすばらしさとは、元々そのような所に

あるはずです。しかし、日本は、安ければ良かろう

という国の政策、農家をないがしろにした政策によって

崩壊しようとしています。自分の国で食事も用意することの

できない日本は、お金に物を言わせて食事をしていますが

このお金が無くなったらどうなるんでしょうかね。

そんなことも考えずに政治家は本当にのんびりしていますね

2015年までに45%が目標だそうです。多分無理ですね。

今のままじゃ。国の農業をだめにしたのも政治、直していくのも

政治です。ちょっと本腰入れてやって欲しいですね。

古き良き日本を取り戻そう。皆さんは、どう思いますか

ご意見をください。
posted by 30代エッター at 23:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

私もロックマンさんの考えに同感です!
日本の将来に不安を抱きます。

以前、問題になった某国の農薬残留濃度、
穀物の価格上昇(原油高騰、先物取引の影響もあるが)等で
今の日本はどうなってますか?…
農業政策に力を入れていれば、日本経済、食糧自給は
今の状態まではならなかったんじゃないかな??
農業を営む人々も今じゃ減少してます。

頑張ってる政治家もいると思うけど、政党や派閥に左右されて、
成果?がでないでしょうね。

でも世界では、まだ悲惨な国もあるけど、
今でも日本は恵まれすぎていたんでしょうね。

長々とたいしたコメントではなくて
すみません。
またおじゃまします。

byハリキリ君でした。
Posted by ハリキリ君 at 2008年07月01日 01:29
政府は稲作農家に減反政策をとってますが、その減反を見直すとか言ってます、稲作農家の現状をもっとよく知ってもらいたいです。
漁業にしても原油高の影響で廃業または廃業の一歩手前、ガソリンスタンドではもう商売できない所があると聞きます。
日本はよその国の顔色をうかがっていないで、一歩でも二歩でもいいから先手を打ってもらいたい。
Posted by 鍛冶屋長次郎 at 2008年07月01日 23:22
次回、記事に ポチ。 また、来まーーーす。
Posted by Peter. at 2008年07月02日 21:57
自給率の低下を克服するためには、農家を「やり甲斐有るもの」に変える必要がありますが、今の日本のシステムでは、完全に、無理です。
戦後、アメリカに骨抜きにされた日本文化、今や、完全にアメリカ式になってしまった日本、反対に、大和魂を脅威としたアメリカが、日本の良い所、例えば、豆腐一つ取っても、日本の現在の大量生産の豆腐は、利益を重視するがゆえに、アメリカの二番戦時豆腐に負けている、という事さえ聞くのです。
美しい心、勿体無いという心、感謝の心
日本人に必要な課題は、具体性ではありません、極、普通に勿体無い、有りがたい、
感謝の心であります。
ポチッ!( ^∀^)σ´
Posted by MM親方 at 2008年07月03日 17:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。